ぽちカフェ

男の料理レシピ:ぽちカフェ

体調回復に麻婆豆腐

体調回復・夏バテ・花粉症(?)によく効く(個人の感想です)大定番メニューです。

麻婆豆腐はお店ごとにとても味の違いがありますね。大きく分けると、ラー油タイプと甜麺醤タイプ。うちのは甜麺醤タイプです。

少しのご飯にたっぷりの麻婆豆腐をかけて食うのがたまらんです。

材料(3〜4人前)

  1. 豚挽肉 200g
  2. ネギ 1本
  3. 絹ごし豆腐 1丁
  4. 生姜 1かけ
  5. ニンニク 半かけ
  6. 豆板醤 小さじ1
  7. 甜麺醤 小さじ山盛り1
  8. 創味上湯(味覇) 小さじ1
  9. 紹興酒 大さじ1
  10. 塩 一つまみ
  11. 胡椒 たっぷり
  12. 醤油 小さじ1
  13. ラード
  14. 胡麻油
  15. 片栗粉
  16. 山椒 お好みで

作り方

  1. 中華スープを用意します。500cc程度の湯を沸かし、ネギの青いところ・生姜の薄切り3〜4枚・紹興酒少々を入れて煮ます。沸騰したら創味上湯を入れ10分ほど煮込み、火を消して放置します。生姜・ネギは作る直前に取り除きます。
  2. 豆腐を一口大より大きめに切り、ザルにのせて水を切っておきます。
  3. 生姜とニンニクをみじん切りにします。食感が残らないように細かく刻みます。
  4. ネギは粗めのみじん切りにします。
  5. 豆板醤・甜麺醤・生姜・ニンニクを混ぜ、紹興酒で溶いておきます。
  6. 塩・胡椒・醤油を混ぜておきます。
  7. 茄子の水気をよく拭き取り、全体に片栗粉をまぶして油で揚げます。ラードで揚げると良い香りですが、たっぷりの油で揚げてもかまいません。完全に火を通しておきます。
  8. 中華鍋をチンチンに熱してラードを回し、挽肉を炒めます。焦げないようにレードルでよくかき混ぜます。
    これではまだダメ。

    染み出た肉汁が肉に戻るまで完全に炒めます。
  9. 挽肉の良い香りがしてきたら肉を寄せ、空いたスペースに豆板醤・甜麺醤を入れてよく焼きます。味噌は焦げるほど焼くと香りと辛みが出てきます。
  10. 味噌が焼けたら挽肉とよく混ぜます。
  11. ネギを加えて香りが出るまで炒めます。
  12. ヒタヒタになるぐらいの中華スープを入れて沸騰させます。
  13. 塩・胡椒・醤油を入れてかき混ぜ、味を確認します。
  14. 3〜5分煮込んで豆腐を投入します。直前に豆腐を茹でておくと、水気も抜けるし、中まで熱々になります。
  15. 水溶き片栗粉を入れてかき混ぜ、トロミをつけて胡麻油を垂らして香りをつけます。

ポイント

  • 中華スープを事前に作っておくのがコツです。
  • 挽肉は「カラカラになるまで」炒めます。「焼き色がつくまで」と言われることがよくありますが、それでは全然ダメです。
  • パート毎に別々に用意して、中華鍋で全体を合わせる感じです。

ひとこと

葉ニンニク・グリーンピース等、青い物を散らすときれいです。ネギの青いところでもかまいません。生の刻みネギ(白いところ)も味が皮ってアクセントになります。

山椒は花山椒が正統ですが、香りの強い物ならなんでも美味しいです。

辛みは調味料の量ではなく、焼き加減で調整すると良いでしょう。「辛いのが好き!」と豆板醤を増量するよりも、よく焼いて香りと辛みを出した方が良い感じです。

 


レシピブログに参加中♪

レシピブログに参加してみました。他は圧倒的に「時短・お手軽」主体ですが、こんなブログもあっていいな!という方はぜひクリックしてくださいね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

男の料理レシピ: 体調回復に麻婆豆腐

 

Copyright©ぽちカフェ,2017 All Rights Reserved. Produced by ぽちろぐ