R004132 焼き方でメッチャ甘い、ピーマンの肉詰め。

焼き方でメッチャ甘い、ピーマンの肉詰め。

R004135 焼き方でメッチャ甘い、ピーマンの肉詰め。

何を隠そう、「ピーマン好き!」と思ったのは、大学時代のバイトの賄いでした。いつもパスタだったので「肉食いたいです!」とリクエストしたところ出てきたのがピーマンの肉詰めでした。「けっ」と思ったのは言うまでもありません。しかしこれが美味かった。

以来「ピーマンは肉詰めに限る」と思ってきました・・が、実のところ今はキンピラも青椒肉絲も大好きです。

このピーマンの肉詰め、ピーマンとタネが剥がれやすいという問題がありますが、それを解決してかつ、甘く甘く焼き上げます。

材料(2人前)

  1. ピーマン(大) 2個
  2. 合挽 150g(余ったらハンバーグにすれば良いので、200gとかそれ以上)
  3. タマネギ 半個
  4. マッシュルーム 2個
  5. 卵 1個
  6. 塩 少々
  7. 胡椒 少々
  8. ニンニクすりおろし 小さじ1
  9. ナツメグ 小さじ半分〜1
  10. パン粉 少々
  11. 小麦粉 少々
  12. バター 小さじ1
  13. オリーブオイル 少々

作り方

  1. ピーマンは縦半分に切り、ヘタを包丁の先端で△に切り取ります。
  2. 包丁の先で筋を徹底的に取り去ります。なるべく平滑に。タネを詰め込んだ時にひっかかるところが無いように。
  3. ザッと洗って水気をよく拭き、小麦粉をたっぷりと叩いてから余分な粉を落としておきます。
  4. タマネギは細かいみじん切りにします。大きいカケラが残るとピーマンにひっかかるため、ふだんより細かめに。
  5. マッシュルームもみじん切りにします。同上。
  6. 合挽肉には小さじ1の塩を振り、粘り気が出るまで捏ねます。ハンバーグの要領です。
  7. 合挽にタマネギ・マッシュルーム・卵・にんにく・ナツメグ・胡椒・パン粉を加え全体が均一になるように混ぜます。
  8. 小さなスプーンでピーマンに上記のタネを詰めていきます。スプーンの先端を使い、ピーマンの凹凸から空気を追い出すように詰め込みます。ピーマンが少しふくらむくらい詰め込んでOKです。
  9. タネを詰めたピーマンを10分ほど置き、休ませます。その後、再度表面を押し込むように均します。
  10. フライパンを軽く熱してバターを溶かし、オリーブオイルを馴染ませます。
  11. ピーマンを断面を下にして焼きます。ここは弱めの中火で。「鶏肉の皮をパリっと焼き上げる」気持ちで。
  12. 10分ほど焼いて様子を見ます。表面がしっかりと固まっていたら裏返し、中火にします。
  13. 5〜10分焼いて全体に火が通ってきたら、あればワイン、無ければ水少々を振りかけて蓋をして中火のママ2分焼いて完全に火を通します。
  14. 蓋を取って強火にして水気を飛ばします。
  15. ケチャップやソースをかけて完成。
  16. 付け合わせにキャベツの千切りが必須です。

R004130 焼き方でメッチャ甘い、ピーマンの肉詰め。

R004132 焼き方でメッチャ甘い、ピーマンの肉詰め。

筋を取り去ったピーマンは美しいです。

ポイント

ピーマンの筋取り。徹底的に取ります。ここをきれいにしておきことで、タネがピーマンから剥がれにくくなります。

また断面からゆっくりと焼くことでピーマン全体に火が通り、とても甘くなります。

ひとこと

最近は輪切りピーマンにタネを詰めるタイプの肉詰めが流行っているそうですね。「時短」だそうな。確かにサイズもちょうど良く食べやすいかも知れませんね。

ところで、タネは確実に余ります!

肉詰めを食べ終わったら、すぐに丸めて焼いてハンバーグにしてしまいしまょう。うちでは冷凍しておいて、バターロールやバンズを買ってきて「おうちハンバーガー」を作っています。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Jpeg画像を添付できます。