パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

R008296 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

グリーンカレーやカオマンガイにのせたり、トムヤムクンにかけたり。好きな人と「見るのもイヤ!」な人がハッキリ分かれるパクチーがこれからいよいよ旬ですね。最近は国産の実に美味いパクチーが出回って嬉しい限りです。

たまにはポショポショとかける程度ではなく、パクチーそのものをガッツリと食べてみませんか?中華肉味噌のサラダがオススメです。

材料(10回分くらい)

  • 豚挽肉 300g
  • タマネギ 大1個
  • セロリ 1本
  • 長ネギ 1本
  • 中華スープ(ネギの青いところ、生姜薄切り4〜5枚、味覇小さじ1、紹興酒大さじ2) 2カップ
  • 甜麺醤 大さじ1.5
  • 豆板醤 ほんの少し
  • 生姜 1cm程度の切れ端
  • XO醤 少々
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々
  • 砂糖 1つまみ
  • 醤油 大さじ1
  • ラード 大さじ1
  • ごま油 大さじ1

作り方

  • 中華スープを作ります。3カップ程度の水を湧かし、ネギの青いところ・生姜の薄切りを煮て香りを出します。味覇を溶いて用意しておきます。
  • 生姜1カケはみじん切りにして甜麺醤・豆板醤と混ぜ、紹興酒少々で溶いておきます。

R008532 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

  • XO醤・塩・胡椒・砂糖・醤油を小皿に合わせ、紹興酒大さじ1で溶いておきます。
  • タマネギ・セロリ・長ネギは粗めのみじん切りにします。

R008531 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

  • 中華鍋を強火で熱し、ラードを全体に馴染ませます。
  • 豚挽肉を炒めます。強火のまま常に焦がさないようにかき混ぜます。

R008534 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

  • 最初は肉汁のために濁った脂が出ますが、これが透明になるまでひたすら強火のまま混ぜ続けます。肉がカリっとして脂が透明になり、肉の強い香りがしてきたら完了です。よく料理本に書いてある「肉に火が通ったら」「全体に白くなったら」程度ではダメダメです。

R008535 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

R008536 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

  • 肉を鍋の片側に寄せ、空いたスペースに味噌(甜麺醤・豆板醤)を入れて焼きます。文字通り「焦がすように味噌だけを炒め」ます。

R008537 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

  • 挽肉と味噌を混ぜます。肉に味噌を吸わせる感じです。
  • 刻んだ野菜を入れて全体を大きく混ぜます。野菜がしんなりするまでじっくりと。

R008538 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

R008539 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

  • スープを加えて煮詰めます。

R008540 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

  • 汁気が少なくなったら味見をします。味の調整は醤油でやると失敗しません。

R008541 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

  • ごま油を加えて完成。少し冷ましておきます。

ポイント

  • 肉1に野菜1.5〜2が理想です。カフェハイチのドライカレーは肉1野菜3だそうです。今回は挽肉341g、野菜479gでした。野菜が多いほど甘みが出ます。砂糖も使っていますが甘味が出るほどの量ではなく、コクを加えている程度です。
  • とにかく強火!挽肉は「これでもか!」というほど炒めます。基本的に挽肉料理は「肉汁が肉に戻るまで炒める」が基本です。
  • みじん切りは粗めがお勧めです。
  • 豆板醤はほんの少しでOK。全体の味は甘めで、辛みはアクセント程度です。スプーンの先にチョっと程度です。

ひとこと

冷凍できるので、まとめてつくっておくと便利です。冷凍する時は一回分ごとに分けてラップしておきます。

豆腐にかけて肉味噌豆腐。玉子で包んでかんたんなおつまみにもなります。

パクチーにかける時はあまりたっぷりにしない方がパクチーの味を楽しめますよ。

R008306 パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。

この記事は2022/06/07に公開され、210 views読まれました。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

パクチーの季節、肉味噌でパクチーサラダをモリモリと。 - ぽちカフェ 男の料理レシピ

Copyright©ぽちカフェ, All Rights Reserved.