ぽちカフェ

男の料理レシピ:ぽちカフェ

味覇(ウェイパー)で楽々、チキンサグまたはほうれん草のインドカレー

「カレーは飲み物です」インドカレーに限って。

初めてほうれん草のカレーを食べたのは新宿のインドカレー屋でした。その店では「チキンスピナッチ」と書いてありました。他店ではチキンサグと呼ばれることが多いですね。チキンだけでなくラムバージョンやパニール(チーズ)等のバージョンもあります。パニールの時は「サグパニール」と逆転するなあ。なんででしょう?

とにかくこれが大好きで、10年ほど前に「インドカレーでダイエットしてやろう!」と思った時に作り方を研究しました。

ダイエットの方は3カ月で9Kg減。ただし、夜はカレーのみ(ライス・パン無し)19時までに食べる、間食無し、甘い飲み物無しという条件です。酒は飲んでいましたね。日本酒かウイスキーで、つまみは刺身一皿程度で。飲むと喰えないんですよ(^_^;

それはさておき。

具はチキンのみ。あまり辛くしません。美味いです。

材料(2〜3人前)

  1. 鶏腿肉 200g
  2. タマネギ 1個
  3. ほうれん草 1把
  4. ニンニク 1かけ
  5. 生姜 1かけ
  6. ホールスパイス シナモン・カルダモン・クローブ・鷹の爪 各少々
  7. パウダースパイス ターメリック(ウコン)・シナモン・カルダモン・パプリカ・クミン・チリペッパー 各小さじ2
  8. オリーブオイル 大さじ2
  9. ヨーグルト 大さじ2
  10. 創味上湯(味覇) 小さじ1
  11. 塩・胡椒 適量

作り方

  1. ホールスパイスをフライパンに入れオリーブオイルを注いでゆっくりと熱して香りを出します。
  2. 鶏腿肉は大きめの一口大に切り、たっぷりの塩をまぶして10分置きます。
  3. 鶏肉にパウダースパイスを揉み込み10分置き、ヨーグルトを全体にからませて常温で30分置きます。
  4. タマネギを薄切りにして鍋に入れ、スパイスを除いたオリーブオイルに浸してしっかりと炒めます。焦げないに注意。全体が半透明になれば、飴色まで炒めなくても大丈夫です。
  5. ほうれん草は写真ぐらいの細切れにします。根のところに土がつまっていることがあるので、よく洗ってください。
  6. 全体にオイルをよく馴染ませながら炒めます。ほうれん草がしんなりして暈が減ってきたらOKです。
  7. ニンニクと生姜をすりおろして加えます。
  8. 創味上湯(味覇)と水カップ1を加えて軽く煮ます。
  9. ルーをミキサーにかけてなめらかにします。
  10. なめらかになったルーを鍋に戻し、鶏肉をヨーグルトごと加えます。
  11. 全体をよく混ぜながら弱火で煮込みます。
  12. チリペッパーと塩で味を調えます。

ポイント

  • なめらかな口当たりが身上です。
  • 最初は辛みは控えめにして、一人前ずつチリペッパーで辛さを調整すると良いでしょう。
  • 鶏肉は最初に塩味をしっかりつけます。腿肉1枚に塩2つまみ程度です。
  • ヨーグルトにつけ込むことで鶏肉が柔らかくなります。
  • 油はいろいろと試してみましたが、オリーブオイルが一番美味いです。
  • ミキサーと鍋にはカレーの匂いがついてしまうため、できれば専用を用意すると良いです。
  • 甘い香りが美味しいので、ホールスパイスのシナモンやクローブを多めにすると良いです。

ひとこと

いろいろとお腹の調子が良くなります(^_^ /

本当は鶏肉をたっぷり使って煮込んで、チキンスープをしっかりとって作れば最高なのですが、少量の創味上湯(味覇)で十分に美味しくなります。

しかし創味上湯・味覇って書き方、いい加減止めたいなあ。


レシピブログに参加中♪

レシピブログに参加してみました。他は圧倒的に「時短・お手軽」主体ですが、こんなブログもあっていいな!という方はぜひクリックしてくださいね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

男の料理レシピ: 味覇(ウェイパー)で楽々、チキンサグまたはほうれん草のインドカレー

 

Copyright©ぽちカフェ,2017 All Rights Reserved. Produced by ぽちろぐ