ぽちカフェ

男の料理レシピ:ぽちカフェ

超簡単ニンニク玉子ベーコンパスタ

新宿「壁の穴」がまだ三越の裏にあった頃、747というメニューがありました。玉子・ニンニク・ベーコンが7:4:7だかというのが名前の由来。うろ覚えなのでコトの真偽は責任持ちません(^_^;

新社会人だった頃で、いくら喰っても腹が減る時代。美味い美味いとむさぼり喰ったものです。

基本的な材料はカルボナーラそのものですが、仕上がり・食感はまるで違います。こちらは炒り卵です。

手早くガッツリいきたい時にぜひどうぞ。

材料(1人前)

  1. パスタ 100g
  2. 卵 2個
  3. ベーコン 30g
  4. ニンニク 半〜1かけ
  5. 鷹の爪 1本
  6. オリーブオイル 大さじ1
  7. 胡椒 たっぷり

作り方

  1. ニンニクをみじん切りにします。よく切れる包丁で万に切ると、切っているだけで香りが出てきます。通常は半かけで十分ですが、ニンニク好きの方は1かけ使ってください。
  2. フライパンにオリーブオイル・ニンニク・鷹の爪を入れてから火に掛けます。弱火から中火でじっくり香りを出し、焦がさないように注意します。
  3. ニンニクの香りが立ってきたらベーコンを入れます。ベーコンはカルディで売っている「生ベーコン切り落とし」が便利です。拍子切りでパックされています。ブロックベーコンの場合、5mm角程度の拍子切りにします。スーパー簀の薄切りベーコンの場合は、細く切ってください。
  4. ベーコンの脂がオリーブオイルに溶け出すようにじっくりと炒めます。
  5. パスタを茹でます。ソースと和える時間が短いので、芯まで茹で上げます。「パスタを茹でる」で説明した通り、フェデリーニなら5分です。
  6. 卵を割りよくかき混ぜておきます。
  7. 茹で上がったパスタをフライパンでオイルと和えます。手早くパスタにオイルを吸わせる感じです。
  8. 卵を回しがけ、軽くかき混ぜて蓋をします。2〜3回繰り返して混ぜ、炒り卵状態にします。
  9. 皿に盛り、たっぷりの胡椒をかけます。

ポイント

  • 卵はよく溶いておきます。白味が半熟状態で仕上がるとたいへん食感が悪くなるためです。
  • 辛いのが好きな方は、鷹の爪を半分に割って種を取り除いて入れてください。
  • なるべく薄切りのベーコンは避けましょう。あれは水飴等を使って作った「ベーコンもどき」です。焼くと如実に差が出ます。ちゃんと燻製したブロックベーコンを買ってきて切って使うのがベストです。

ひとこと

まともなベーコンを手に入れるのが最大のポイントかもしれません。

以前、ネットで評判の良いベーコンというのを買ったことがあるのですが、鰹節の香りが強くてとても喰えた物ではありませんでした(T_T 材料に「水飴」と書いてあったら、まずアウト!本来は豚肉・塩だけでOKなのに。酸化防止剤は流通を考えると入っていても仕方ありません。

大きなデパートでけっこうなお値段で売っているブロックベーコンも、燻製液に漬けた物が多いです。意外と街の肉屋さんで本物が手に入ったりしますね。

カルディ(最近はどこにでもありますね)で売っている「切り落とし生ベーコン」が270円程度で、お手軽です。切る手間もいらないし。

お手軽・満腹ですが、食べ過ぎには注意。太ります(^_^;


レシピブログに参加中♪

レシピブログに参加してみました。他は圧倒的に「時短・お手軽」主体ですが、こんなブログもあっていいな!という方はぜひクリックしてくださいね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

男の料理レシピ: 超簡単ニンニク玉子ベーコンパスタ

 

Copyright©ぽちカフェ,2017 All Rights Reserved. Produced by ぽちろぐ